初めて尽くしだったゲイ体験

ゲイの男性と初めてセックスした時の思い出をご紹介しています。

■出会い系での出会い
僕がその人と出会ったのは出会い系サイトでのことでした。プロフィール検索をしているときに見つけた人で、プロフ画像も可愛らしい感じだったのでメッセージを送ったのですが、何度目かのやり取りで実は男だということを打ち明けられました。 正直、可愛い女性とヤれると思い込んでいた僕はショックを受けてしまいましたし、その男性に対して腹もたったのですが、彼はゲイということで女性よりも男性が好きということでした。 いろいろとお話しているうちに彼に人間としての魅力も感じるようになり、とりあえず一度会ってご飯でも食べてみようという話になりました。 約束の日、時間通りにやってきた彼はプロフ画像と変わらず可愛い男の子でしたが、やはり体型はゲイの男性でしたね。
■なぜかそういうことに
二人で居酒屋に行っていろいろなお話をしながら飲んでいたのですが、お互い結構いい感じに酔っぱらってしまいました。 そのうちゲイの彼が、自分のテクニックはそこらへんの女なんかよりずっと凄い、ということを言い出したのでちょっとだけ興味が湧いてしまいました。 酔った勢いというのは怖いもので、そのまま二人でラブホに行くことになってしまったんです。 恐らくシラフだとそのようなことにはならなかったと思うのですが、酒の勢いというやつです。 割と近くにラブホもあったので二人で入り、とりあえず交互にシャワーを浴びました。 先にあがった僕がベッドに寝転がっているといきなり彼が僕のズボンを脱がしてフェラをし始めたのです。
■危険な世界の入り口
正直な話、あんなに気持ちのいいフェラをしてもらったのは生まれて初めてでした。 僕は今までアダルトな彼女もいましたし、女性経験もそれなりに豊富なのですがそれでもあんなに気持ちのいいフェラチオをしてもらったことはなかったのです。 やはり男性なので気持ちのいいポイントを知っているのでしょうか。 そのまま口に出しそうになったのですが、彼がアナルに入れてほしいというのでその要望を叶えることにしました。 アナルセックス自体初めてでしたし、しかも相手がゲイの男性なので初めて尽くしです。 バックの体制でローションをつけてゆっくりと挿入したのですが、これも正直めちゃくちゃ気持ちよかったです。 女性とするときのように激しく突くことはできませんでしたが、締まりもよくて頭の中が真っ白になるようでした。 中に出していいということなので結局彼のお尻の中に全部ぶちまけてしまいました。